レシピ

信州の郷土料理「根曲がり竹と鯖缶の味噌汁」

根曲がり竹とは?笹の一種で正式名称を「チシマザサ」といいます。稈(かん)と呼ばれる茎の部分が弓状に曲がっていることから「根曲がり竹」と呼ばれています。根曲がり竹が採れる5月〜6月頃にかけて、長野県では根曲がり竹と鯖(サバ)缶の味噌汁がよく食べられています。
花豆について

サンエーさんの「国産高原花豆やわらか煮」

先日、ビッグハットで行われた「第16回ビジネスフェア」にて株式会社サンエーさんと商談し、「国産高原花豆やわらか煮」を新商品として取り扱わせていただくことになりました!厳選された国産の花豆をじっくり煮込んで柔らかく仕上げた逸品。ホクホクっとした食感が特徴です。
レシピ

山賊焼きアレンジレシピ「山賊焼き ねぎみそのせ」

山賊焼きアレンジレシピ第4弾!今回は山賊焼きにねぎみそをのせて焼いてみました。材料は本郷鶏肉さんの山賊焼きと市販のごま油と砂糖、長ネギを用意。(本当は醤油とみりんも必要なのですが、社内になかったので今回はある材料だけで作ってしまいます)お味噌はマルモ青木味噌さんの「有機玄米味噌」を使います。
信州味噌

マルモ青木味噌さんの「有機玄米味噌」

「善光寺・生」「有機畑」と同じく赤みそと白みそのバリエーションがあります。有機大豆と有機玄米を使用したお味噌で、有機JAS規格を満たしているのはもちろん。NOP(アメリカの有機認証制度)とEU有機(EUの有機認証制度)の認証も取得しているすごいお味噌です!
信州そば

そばの実をゆでてみました

先日、取材で長野県木島平村を訪れた際に「木島平村観光交流センター」さんに立ち寄りました。何か珍しいものでも売られているかなと見ていると「そばの実」が売られているのを発見!そういえば食べたことがなかったなと思い購入しました。
信州そば

しっぽくそば(善光寺寺町そば)

江戸時代、長崎の卓袱(しっぽく)料理にヒントを得て、しっぽくうどん、しっぽくそばが各地で食べられるようになりました。基本的には、温かいかけうどんやかけそばの上に様々な具を乗せたものです。まず上方でしっぽくうどんが流行り、それが江戸にも広がり、しっぽくそばも食されるようになったとか。
花豆について

花豆餡を使った鯉焼き「垂水」

鯛(たい)焼きではなく鯉(こい)焼き。長野市善光寺の近くにお店を構える「藤田九衛門商店」さん。そこで売られているのが花豆餡を使った「鯉焼き-垂水-」です。長野県佐久市の名産品である「佐久鯉」をイメージして鯛焼きではなく鯉焼きを作ろうと思ったそうです。
花豆について

紫花豆は栄養たっぷり!

紫花豆には【ビタミンB1/ビタミンB2/カルシウム/鉄分/食物繊維/アントシアニン】といった、体にうれしい栄養素がたくさん含まれています。さらにダイエット&アンチエイジング効果も!紫花豆はその栄養価の高さから近年、テレビ番組などでも取り上げられており、某番組では「肥満と老化を防ぐ長寿の里のお豆」として紹介されました。
長芋

「長芋そば?」長芋をそば風にして食べてみました

先日、仕入れ先でもあるマルトク農園さんへ訪問した際に立派な長芋を2本いただきました。長芋といえば以前「やまっちそば」というそばの上に麵状にした長芋をのせた信州山形村名物のそばを作ったことを思い出しました。その時に食べた麵状の長芋が結構美味しかったので、今回は麵状にした長芋をそばつゆにつけて、さながらざるそばのように食してみることに!
信州そば

季節限定商品「桜そば」販売中!

オンラインショップあんずでは今春より、そばの名門、信州戸隠そばさんの春限定商品「桜そば」を販売いたします。秘伝の非熱処理製法で生そばの旨味が活きる半生タイプのそばに、桜餅などにも使われている塩漬けにした桜の葉を練り込んで作られた香り高くのど越しのよい「桜そば」
タイトルとURLをコピーしました