おやき

「いろは堂」おやきの食べくらべ(2)

信州名物「おやき」食べくらべ おやきの種類についてで、お話しした通り、 おやきは種類が多く、地域やお店によって様々な具や皮、製法のおやきがあります。 そこで、いろんなおやきを紹介する意味も含め、 長野市内のおやきの専門店各所でおやきの食べく...
おやき

「西澤餅屋」おやきの食べくらべ(1)

信州名物「おやき」食べくらべ おやきの種類についてで、お話しした通り、 おやきは種類が多く、地域やお店によって様々な具や皮、製法のおやきがあります。 そこで、いろんなおやきを紹介する意味も含め、 長野市内のおやきの専門店各所でおやきの食べく...
おやき

おやきの種類について

「おやき」とは? おやきとは小麦粉の皮に具を包み、ふっくらと焼き上げた長野県の郷土料理。 直径10cmほどの円形で、具にはヘルシーな野菜や山菜がよく使われます。 昔は家庭の囲炉裏ばたで「焼いて」食べたことから「おやき」の名がつきました。 ...
信州そば

くるみそばについて(3)

くるみそばについて(2)で、チラッと紹介した長野県上田市に本店を構える「うさぎや」さんのくるみそばを買ってきたのであらためてご紹介したいと思います。長野駅ビル「MIDORI」にて1袋508円で売られていました。当たり前ですがこれまで紹介してきたそばつゆにすったくるみを入れて食べるくるみそばとは完全に別物ですね。
信州そば

くるみそばについて(2)

くるみそばについて(1)で、「くるみそばは胡麻味噌のような少し甘味のある味噌味だと思っていたので、少々違和感を感じた」ということを書きましたが、今回はその点についての後日談です。googleの検索で、単純に「長野県 くるみそば」で検索すると必ず上位に上がってくるのが「草笛」というお店。
信州そば

長野県の無形民俗文化財「早そば」

「早そば」とは長野県の北信地域、栄村秋山郷と山ノ内町須賀川に伝わる、ゆでた千切り大根に水溶きそば粉をからめた郷土食。長野県の無形民俗文化財にも指定されている全国的にも珍しいそば料理です。早そばはもともと「日常の褻(ケ)」の食だということで、素人でも簡単に作れるのではないかと思い、今回は早そばを作ってみることに!
レシピ

夏を乗り切るスタミナ満点料理「山賊焼き そばパスタ」

7月に入り、いよいよ夏本番。連日暑い日が続いております。少し早いですが、すでに夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は夏バテ対策ということで、食欲をそそるスタミナ料理をテーマに「山賊焼き そばパスタ」を作りたいと思います!
花豆について

柔らかさにびっくり!「花豆の甘蜜煮」

社会福祉法人 花工房福祉会の「花豆の甘蜜煮」をいただいたのでご紹介。信州小諸産の花豆100%で作られた商品で、普通の甘煮に使われる材料に加えて、「蜂蜜」も使われているそうです。パッケージにはとてもキレイな花豆のイラストが。缶に入っており、内容量は330g(固形量は210g)です。
信州そば

オヤマボクチをつなぎに使う「須賀川そば」

「須賀川そば」とはコシの強さと喉越しの良さに定評がある、北信州・山ノ内町須賀川に伝わる伝統の十割そばです。山ごぼうとも呼ばれている雄山火口(オヤマボクチ)がつなぎに使われています。つなぎに使われるのは葉の裏側にある綿毛のような繊維。葉1kgから5g程しか取れないため希少性が高く、「幻のそばのつなぎ」とも呼ばれています。
信州そば

蕎麦のラーメン風に挑戦!!

個人的な好みとして、たとえ冬の寒い時期であっても、そばといえば、ざるそば!…とは思っているのですが、たまには趣向を変えてみようと思い、ラーメンのスープと具を使ったそばに挑戦してみました。どんな感じなのか一度やってみようという軽いノリなので、できるだけ簡単に、というのが基本線です。
タイトルとURLをコピーしました