「オンラインショップあんず」のブログです。当店で取り扱っている商品の最新情報や長野県に関するニュース、豆知識をご紹介します!

信州そば

オヤマボクチをつなぎに使う「須賀川そば」

投稿日:

「須賀川そば」とは?
コシの強さと喉越しの良さに定評がある、
北信州・山ノ内町須賀川に伝わる伝統の十割そばです。

キク科の多年草で、山ごぼうとも呼ばれている
雄山火口(オヤマボクチ)がつなぎに使われています。
※つなぎ:そばを打つ際、そばが切れないように混ぜるもの。多くは小麦粉が使われる。


写真はwikipediaより(著作権者:Qwert1234さん、ライセンス:CC by-sa Qwert1234<ファイル:オヤマボクチ0602 Synurus pungens.JPG>

つなぎに使われるのは葉の裏側にある綿毛のような繊維。
天日干ししたオヤマボクチの葉を
「よく揉み、鍋で煮て、何度も洗って葉脈を取り除く」
と言う作業を繰り返し、繊維を取り出します。

精製にとても手間がかかるうえ、
葉1kgから5g程しか取れないため希少性が高く、
「幻のそばのつなぎ」とも呼ばれています。

 
 
 
 

「須賀川そば」を食べに行こう!
山ノ内町に行く機会があったので、本場の須賀川そばを食べてみることに。


「岩本そば屋」さん
長野県下高井郡山ノ内町苗間7654
TEL 0269-33-6536
営業時間 11:00〜売り切れまで(木曜定休)

自宅の一部を改装したお店は、田舎の親戚の家にいるような気分。
そばの栽培から製粉、製麺、すべての工程が自家製。
しっかりとしたコシのある十割手打そばがいただけます。

 
 

お店に入り、席に着くと
手作りだという漬物とわらび、そば茶がサービスとして出てきました。
どれもとても美味しかったです。

 
 

早速、お目あての須賀川そば(盛りそば)を注文。一人前700円です。


10分もしないうちに運ばれてきました。
山ノ内町名物「須賀川そば」

 
 
 
 

いざ実食!
見た目は普通のそばと変わりませんが、どんなそばなんでしょうか。

…一口食べてみた感想は、「コシがとても強い!」
個人的に、今まで食べてきたそばの中だと一番のコシでしょうか。
決して麺がしっかりと茹でられていなくて固いわけではありません。
そば特有のコシらしいコシがしっかりと感じられます。

これは美味しいですね!
まさに手打ちそばというか、市販のものとは比べ物にならない一品です。
モチッとした弾力のあるそばがたまりませんね。
噛むたびにそばの風味が口に広がります。

ちょっと少ないかな?と思ったのですが
コシの強さのおかげか、食べ終わってみるとかなりの満足感がありました、

後で運ばれてきたそば湯も絶品。
「須賀川そば」とても美味しかったです!

 
 

このお店、天ぷらも美味しいみたいなので、
次に訪れた際には天ぷらそばとして、味わってみたいと思います。

皆さんも、ぜひ機会がありましたら「須賀川そば」を味わってみてください。
山ノ内町には岩本そば屋さん以外にも、須賀川そばを味わえるお店が多数あるので、
食べ比べをしてみても面白いかもしれませんね。

 
 
 
 

帰りに寄った「道の駅 北信州やまのうち」で



「道の駅 北信州やまのうち」内の農産物直売所で
オヤマボクチが売られているのを発見!

つなぎ作りのマニュアルも付いてくるそうなので
自分で須賀川そばを作ってみたい!という方は是非。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンラインショップあんずでは、信州戸隠そばやおやき、山賊焼きなど信州産の美味しい特産物を取り扱っております!
ご興味のある方は是非一度、当店をのぞきにいらしてください。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
【オンラインショップあんず】

-信州そば

関連記事

水舎のやまっちそば

本場のやまっちそばを食べてきました!

「やまっちそば」の本場、山形村 取材で松本方面に行く機会があったので、お昼ご飯に、 やまっちそばの本場、山形村の「水舎」さんでやまっちそばを食べてきました。 県外から食べに来る人も多い、人気店の水舎さ …

信州 里の菓工房さんの「栗とそばのフロランタン」

栗とそばを使ったフロランタン 「地域の素材を地域の人が地域で加工し、地域のお客様に喜んでいただく」をテーマにお菓子を作っている「信州 里の果工房」さん。今回はその里の果工房さんの「栗とそばの …

ガレット

今、信州上伊那でガレットがアツい

ガレットとは? ガレットは、フランス発祥の「薄くて丸い形をした」料理やお菓子を総称する郷土料理。 クレープやクッキーなどもガレットの仲間ですが、日本では、「そば粉」を使って焼いたクレープ状の料理を、一 …

江戸時代にタイムスリップ! 味噌味の麺つゆ「煮ぬき汁」で昔ながらのそばを味わおう

今では麺つゆといえば醤油味が一般的ですが、江戸時代中期、醤油がまだまだ高価で庶民には手が届かなかった頃……庶民は味噌を煮詰めて作る味噌味の麺つゆ「煮貫(にぬき)」でそばやうどんを食していました。

そば楽

そば楽で「十割そば」を作ってみました!

そば楽で十割そばを作ろう! 先日、信州戸隠そばさんの【国産そば粉】でソニックさんのそば打ち機【そば楽】を使い、国産そば粉100%の十割そばを作ってみました。 あらかじめ、ソニックさんのHPにて動画でそ …

アーカイブ