「オンラインショップあんず」のブログです。当店で取り扱っている商品の最新情報や長野県に関するニュース、豆知識をご紹介します!

信州そば 調理器具

そば楽で「十割そば」を作ってみました!

投稿日:2017年9月28日 更新日:

そば楽

そば楽で十割そばを作ろう!
先日、信州戸隠そばさんの【国産そば粉】でソニックさんのそば打ち機【そば楽】を使い、国産そば粉100%の十割そばを作ってみました。

あらかじめ、ソニックさんのHPにて動画でそば楽の使い方を予習し、臨みました。

まずはハンドルの組み立て作業から。機械オンチなスタッフSは、組み立てに少々手間取ってしまいましたが、他のスタッフにも助けてもらい、組み立て成功。(製品に詳しい取扱説明書もついてますので、大丈夫です!)

 

そして、いよいよそば作りの開始です。ボウルにそば粉、水回し器に水を入れ、ぐるぐるとかき混ぜ、「…(説明書通りに)なかなかそぼろ状にならない!?」ので、せっかちなスタッフSは、ここで水回し器にすこ~し水を加えてみました。すると、説明書通りにそぼろ状になりました!

水回し器でそば粉をかき混ぜる様子

 

つづいて生地をまとめ、そば楽に生地をセット。説明書にレバーを2~3往復とあり、「これだけ!?」と半信半疑ながらも鍋のお湯の中に麺を押し出して行くと…きちんと麺になっていました!!

そば楽でそばを押し出す様子

 

大鍋で1人前を茹でましたが、お湯が少なかったせいか、麺が切れ切れになっていたものの、ちゃんと『十割そば』が出来あがりました。

十割そば

ちょっと心配していた後片付けですが、ハンドル内部の生地はきれいに押し出されており、洗うのも面倒ではなかったです。

今回はそば楽の組み立てに手間取ってしまいましたが、馴れてしまえば、出番が多くなりそうな予感がします。また近いうちに、そば楽でそばを作ってみたいです♪

【そば楽】にご興味を持たれた方はコチラをクリック!

-信州そば, 調理器具

関連記事

江戸時代にタイムスリップ! 味噌味の麺つゆ「煮ぬき汁」で昔ながらのそばを味わおう

今では麺つゆといえば醤油味が一般的ですが、江戸時代中期、醤油がまだまだ高価で庶民には手が届かなかった頃……庶民は味噌を煮詰めて作る味噌味の麺つゆ「煮貫(にぬき)」でそばやうどんを食していました。

根曲がり竹と鯖缶で作る「サバタケそば」

以前、山ノ内町を訪れた際に立ち寄った「道の駅 北信州やまのうち」でサバタケ汁の中にそばを入れた「サバタケそば」なるものを見かけたのを思い出したので、今年は「サバタケそば」を作ってみることに!

夏を乗り切るスタミナ満点料理「山賊焼き そばパスタ」

暑い夏を乗り切る夏バテ対策料理 7月に入り、いよいよ夏本番。連日暑い日が続いております。 少し早いですが、すでに夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方々に、当店で取り扱っている商 …

信州 里の菓工房さんの「栗とそばのフロランタン」

栗とそばを使ったフロランタン 「地域の素材を地域の人が地域で加工し、地域のお客様に喜んでいただく」をテーマにお菓子を作っている「信州 里の果工房」さん。今回はその里の果工房さんの「栗とそばの …

かまくらやさんの「乾麺そば」

かまくらやさんの信州産そば粉100%のお蕎麦 長野県でそば粉の生産量No1を誇るかまくらやさん。 そのかまくらやさんのお蕎麦を知人から頂いたので食べてみることに! 【商品情報】 商品名:乾麺そば&nb …

アーカイブ