「オンラインショップあんず」のブログです。当店で取り扱っている商品の最新情報や長野県に関するニュース、豆知識をご紹介します!

信州そば

しっぽくそば(善光寺寺町そば)

投稿日:2019年4月26日 更新日:

しっぽくそばとは
江戸時代、長崎の卓袱(しっぽく)料理にヒントを得て、しっぽくうどん、しっぽくそばが各地で食べられるようになりました。基本的には、温かいかけうどんやかけそばの上に様々な具を乗せたものです。まず上方でしっぽくうどんが流行り、それが江戸にも広がり、しっぽくそばも食されるようになったとか。最初は江戸でも関西風の出汁で食べられていたようです。
その後、同じように具だくさんで関東風の出汁を使った江戸発祥の「おかめそば」が登場して人気を博し、しっぽくそばは片隅に追いやられてしまいました。上方に対する江戸の意地、みたいなものがあったのかもしれません。

 
 
 
 

長野では…
長野では、おかめそばは流行らずに、しっぽくそばがもてはやされていたようです。明治時代に、権堂町の花柳街を洒落て歩く旦那衆が、芸者を呼び、こたつにあたって軽く一杯という風に粋にしっぽくそばを楽しんだともいわれ、その後も支持されてきました。
けれど高度経済成長期を経て、日本人の食生活自体が変わってくると、しっぽくそばもしだいに埋没していってしまいました。

 
 
 
 

復活!
ところが、平成17年秋の長野市の観光キャンペーン「信州そば歳時記」で、古くて新しい「善光寺寺町そば」として、しっぽくそばを見直そうということになり、改めて脚光が当てられるようになりました。長野以外の他地域では、しっぽくそばが衰退してしまったことも、追い風になったようです。そして、現在では長野麺類協同組合加盟店の17店で食べることができます。そばの上に乗せる具材は4品を共通とし、その他に3品程度の具材は各店のアレンジということになっているようです。

 
 
 
 

実食

実際に長野市の山とも庵で、しっぽくそばを食べました。
具材は鶏肉・麩・生麩・かまぼこ・椎茸・がんもどき・ごぼう。青白のネギとゆずが彩りと香りを添えています。具材のでそばが隠れて見えないほどです。どの具も丁寧に仕込んであり、よく味が染みこんでいいました。鶏肉はボリュームもあり、旨みと適度な脂がよい具合に出汁にとけ込んで、「あっさり、さっぱり」だけではないそばの魅力を引き出しているように感じました。
普段、そばといえば、冬でも冷たいそばを食べることが多いのですが、今回温かいそばの魅力を再確認できましたので、次は別の店で別のしっぽくそばを食べてみようかな、と思っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
オンラインショップあんずでは、信州戸隠そばやおやき、山賊焼きなど信州産の美味しい特産物を取り扱っております!
ご興味のある方は是非一度、当店をのぞきにいらしてください。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
【オンラインショップあんず】

-信州そば

関連記事

十割そば

初夏の冷そばキャンペーン

まだ5月だというのに長野では本日、最高気温30度と7月並みの暑さになりました…各地で連日暑い日が続いており、少し早いですが夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか? オンラインショップあんずで …

十割そば

初夏の冷そばキャンペーン期間延長のお知らせ

初夏の冷そばキャンペーン期間延長! 「初夏の冷そばキャンペーン」として5月18日(金)〜6月7日(木)までのあいだ、十割そば7種を特別価格で販売しておりましたが、大変好評をいただいているため、6月14 …

山賊焼きそばのアップ

「山賊焼きそば」を作ろう!

山賊焼きとは? 山賊焼きとは、ニンニク風味の醤油ダレにつけ込んだ鶏肉を片栗粉や小麦粉をまぶして揚げた信州の郷土料理です。 長野県中部を中心に昭和初期から親しまれてきました。 県内の多くの飲食店やスーパ …

長野県の無形民俗文化財「早そば」

「早そば」とは? 長野県の北信地域、栄村秋山郷と山ノ内町須賀川に伝わる、 ゆでた千切り大根に水溶きそば粉をからめた郷土食でそばがきの一種。 ※そばがき:そば粉に湯を加え加熱し、手早く混ぜて餅状にした食 …

ガレット

今、信州上伊那でガレットがアツい

ガレットとは? ガレットは、フランス発祥の「薄くて丸い形をした」料理やお菓子を総称する郷土料理。 クレープやクッキーなどもガレットの仲間ですが、日本では、「そば粉」を使って焼いたクレープ状の料理を、一 …