花豆について

花豆を使った料理や加工品の紹介、
花豆の豆知識やQ&Aなど
花豆にまつわるあれこれを紹介いたします。

レシピ

甘酸っぱいおいしさ「花豆のはちみつレモン煮」

当店でも販売している紫花豆。一部の方から絶大な人気を誇る一方で、まだまだ知名度は低く、花豆を使った料理やレシピは少ないのが現状です。当店では常々、花豆の食べ方を模索しているのですが……そんな折、花豆を煮る際に「はちみつとレモン」を加えると一味違った甘煮になるという情報を耳に挟んだので早速作ってみることに!
レシピ

紫花豆で煮豆以外の料理を作りたい!

当店でも販売している紫花豆。毎年多くの方にご注文をいただいているお豆なのですが、最近お客様より煮豆以外の花豆料理は何かないの? とよく聞かれます。年がら年中食べるものではないにしろ、いつも煮豆では確かに飽きてしまいますよね。そこで今回は花豆のレシピを考えてみることに!
花豆について

花豆の戻し方(吸水時間について)

花豆の吸水(戻す)にはかなりの時間が必要です。他の豆類が一晩(6〜8時間)水に浸けて吸水が終わるのに対し、花豆は最低でも丸1日(24時間)以上、豆の乾燥状態によっては2日〜3日かかると言われています。……ところが!先週、近所の直売所に寄った際、ふと花豆コーナーを見るとこんなものが貼られていました。
花豆について

白花豆を煮てみました

白花豆とは直径3cmほどの大きな豆。紫花豆とは違い、特徴的な模様などはなく真っ白な見た目をしています。正式名称は紫花豆と同じく「ベニバナインゲン」です。花豆の中でも、赤色の花を咲かせる紫と黒のまだら模様の豆は紫花豆。白色の花を咲かせる真っ白な豆が白花豆と呼ばれています。
花豆について

柔らかさにびっくり!「花豆の甘蜜煮」

社会福祉法人 花工房福祉会の「花豆の甘蜜煮」をいただいたのでご紹介。信州小諸産の花豆100%で作られた商品で、普通の甘煮に使われる材料に加えて、「蜂蜜」も使われているそうです。パッケージにはとてもキレイな花豆のイラストが。缶に入っており、内容量は330g(固形量は210g)です。
花豆について

サンエーさんの「国産高原花豆やわらか煮」

先日、ビッグハットで行われた「第16回ビジネスフェア」にて株式会社サンエーさんと商談し、「国産高原花豆やわらか煮」を新商品として取り扱わせていただくことになりました!厳選された国産の花豆をじっくり煮込んで柔らかく仕上げた逸品。ホクホクっとした食感が特徴です。
花豆について

花豆餡を使った鯉焼き「垂水」

鯛(たい)焼きではなく鯉(こい)焼き。長野市善光寺の近くにお店を構える「藤田九衛門商店」さん。そこで売られているのが花豆餡を使った「鯉焼き-垂水-」です。長野県佐久市の名産品である「佐久鯉」をイメージして鯛焼きではなく鯉焼きを作ろうと思ったそうです。
花豆について

紫花豆は栄養たっぷり!

紫花豆には【ビタミンB1/ビタミンB2/カルシウム/鉄分/食物繊維/アントシアニン】といった、体にうれしい栄養素がたくさん含まれています。さらにダイエット&アンチエイジング効果も!紫花豆はその栄養価の高さから近年、テレビ番組などでも取り上げられており、某番組では「肥満と老化を防ぐ長寿の里のお豆」として紹介されました。
花豆について

すっきりとした甘さの「花豆あんバター」

県内のスーパーTURUYAさんで「花豆あんバター」が売られていたのでこれは珍しい!と思い、買ってみました。国産の花豆のあんにバターをたっぷりと加えたオリジナルのあんバターとのこと。
レシピ

甘さひかえめ「コーヒー花豆」を作ろう!

近年、人気が高まってきている花豆ですが、その知名度の低さからか花豆を使った料理やレシピはまだまだ少なく、「甘煮以外の花豆のレシピはないんですか?」という意見をよく聞きます。そこで、花豆のレシピをいろいろ調べてみたところ「コーヒー花豆」なるものを発見!簡単に作れそうなので当店でも「コーヒー花豆」を作ってみることに!
タイトルとURLをコピーしました