「信州のそば」の話(1)

信州は、現在のそばの食べ方の主流である「そば切り発祥の地」といわれています。芭蕉の門下であった森川許六という人物がその著作の中で、「そば切りの発祥は信州木曽の本山で、これが世に広まった」という説を紹介していることが根拠となっているようです。同じく木曽・須原の定勝寺には、国内最古のそば切りについて記した資料(1562年)もあり、当たらずといえども遠からず、という感じなのではないかと思います。
江戸時代には、十返舎一九が「東海道中膝栗毛」の続編として執筆した「続膝栗毛」の中で、木曽・上松の「寝覚の床」の前にある越前屋というそば屋での話を挿絵付で書いています。ちなみにこの越前屋さんですが、現在も営業しています。
このように、信州のそばは日本有数の歴史をもっているのです。一口に信州といっても、さまざまなそばがありますので、折に触れて紹介していきたいと思います。

そば職人

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です