送料改定のお知らせ
宅急便運賃の改定に伴い、送料を随時改定しております。
何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

|  カートをみる マイページへログイン・新規会員登録 ご購入の流れ・お支払い方法 お問い合せ お客様の声
 

【2017年度収穫】Sサイズ 信州産紫花豆(500g)

紫花豆のトップ画像

高級菜豆 信州産紫花豆 Sサイズ(500g)


大特価!! Sサイズ信州産紫花豆

※通常のものより小ぶりなサイズですので、
Mサイズよりもお得になっております。
品質は通常の物と変わりません。


◎信州の高地が育んだ最高品質の豆

紫花豆の花紫花豆のサイズ比較

  北海道産と長野県産の花豆のサイズ比較
  北海道産紫花豆(中粒・大粒)
  長野県産紫花豆(特大)

紫花豆(むらさきはなまめ)とは?
紫花豆の正式名称は「ベニバナインゲン」
直径3僂曚匹梁腓な豆で、紫と黒のまだら模様が特徴です。
日本には江戸時代にオランダから伝わりました。当時は食用ではなく、観賞用の花として広まったといわれています。鮮やかな赤い花をつけることから、「花豆」と呼ばれるようになりました。

栽培地域
花豆は栽培条件が厳しい作物です。標高が800m以上の土地でなければ実がつかず、栽培できる地域はごく限られています。国内では北海道や群馬県、長野県の高地などで栽培されています。

信州産紫花豆の特長
信州で採れる花豆は、他の地域のものよりもひとまわりほど粒が大きく、最上級品とされてきました。
北海道産の花豆はタテの長さが2.5cmほどですが、長野県産の花豆は大きいもので3.5cmほどになります。信州産の花豆に隠れたファンが多いのにもうなづけます。
煮豆にしたときのほっくりとした風味は格別。見た目も華やかなので、おせちの一品としても人気があります。
ぜひご家庭でお楽しみください。

近年の花豆栽培事情
紫花豆は生産量が安定せず、温暖な気候の影響もあって近年は徐々に作付け面積も減少してきています。
市場に出回る花豆はほとんどが中国産で、国産ものは稀少です。

※天候要因などにより、収穫量・質は毎年一定ではありませんことを、
 予めご承知おき下さいますようお願い申し上げます。


◎紫花豆は栄養たっぷり!

鉄分はホウレン草の約3倍! 食物繊維は大根の約3倍!(100gあたり)紫花豆には、体にうれしい栄養素がたくさん含まれています。
主な栄養素はこちらのとおり。

【紫花豆に含まれる主な栄養素】
・ビタミンB1…脳や神経のエネルギー源になります
・ビタミンB2…肌荒れを抑えて肌を健康に保ちます
・カルシウム…骨を丈夫にし、イライラを解消します
・鉄分…貧血を予防します
・食物繊維…腸をきれいにし、便秘を解消します
・アントシアニン…目の疲れを予防します


◎ダイエット&アンチエイジング!長寿の里のお豆

紫花豆wiki紫花豆はその栄養価の高さから近年、テレビ番組などでも取り上げられており、某番組では、「肥満と老化を防ぐ長寿の里のお豆」として紹介されました。ドクターによると紫花豆は、「現代人に不足しがちな栄養素を合理的にとれる理想的な食材」とのこと。
紹介された主な効果がこちら↓

【ダイエット効果】
・糖質や脂質を体に吸収させずに、エネルギーに変えやすくする効果が期待できる、ビタミンB1、B2が紫花豆には豊富に含まれている。
・代表的な豆のひとつである大豆と比較すると、大豆よりも紫花豆の方がカロリーが低く、脂質は約1/8程しかない。

【アンチエイジング効果】
・紫色のまだら模様には抗酸化作用のあるポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれており、お肌の老化予防が期待出来る。
・カルシウムが豊富に含まれており、骨粗鬆症の予防に効果的。50歳以降の女性はカルシウムが不足しがちなので特におすすめ。

※花豆は食物繊維が豊富で、一度に大量に食べるとお腹がゆるくなってしまいます。食べ過ぎにはご注意ください。


◎商品情報

・信州産紫花豆(2017年度収穫)Sサイズ 1袋 500g入り


お電話でのご注文も承っております。
(026-235-6784までお気軽にどうぞ!)

[受付] 平日9:00〜18:00
オンラインショップあんず運営会社:石見デザイン企画室まで
※お電話でのご注文の場合、お支払い方法は代引きのみとなり、代引手数料324円がかかります。ご了承ください。


<他のサイズの花豆はこちら>

【2017年度収穫】Sサイズ 信州産紫花豆(500g)

価格:

1,458円 (税込)

[ポイント還元 14ポイント〜]
購入数:
在庫をみる
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

送料  700円

※お届け先が複数ある場合には、合計金額が7,000円以上であっても送料をいただく場合があります。


******************************【おことわり】******************************
収穫量が予想できないため、販売期間中であっても「価格が変更になる」可能性がございます。
予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
※変更の際には事前に商品ページにて、変更価格および変更日をご報告させていただきます。
*************************************************************************


◎発送元

「オンラインショップあんず」〒380-0815 長野県長野市田町2119
※当店にて買い付け・出荷を行います。


◎主な生産地域

飯綱町  戸隠  茅野市  須坂市  東御市  小川村  高山村

花豆は生産量が安定せず、1カ所の生産者の方から大量に仕入れることが困難なため、
当店では県内の様々な生産者の方から花豆を仕入れ、販売しております。
そのため、時期により豆のサイズや質などに若干差が出ることがございます。
ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


◎圧力鍋でお手軽に!紫花豆の甘煮レシピ

圧力鍋で作った紫花豆の甘煮【材料】
紫花豆…250g
砂糖…200g
塩…小さじ1/2

【作り方】
(1) 花豆を軽く洗い、丸1日たっぷりの水につけておきます。(豆のシワが伸びるまで、適宜調節してください)
  浸水後、水を変え、鍋で1度ゆでこぼします。(このときはまだ圧をかけません)
(2) 圧力鍋に豆を移し、ひたひたの水を入れ、落しぶたをして加熱し、8分加圧します。
  (圧力鍋の種類によって表示が異なりますが、強いほうの圧力をかけてください)自然冷却し、ふたを取ります。
(3) 砂糖と塩を加え、再び加熱し、3分加圧します。再度圧が下がるまで自然冷却します。
  ふたを取り、少し汁気が減るまで煮るとさらにおいしくなります。
  煮た後は1度完全に冷まし、味をしみ込ませます。

【メモ】
煮豆を作るときは、水に浸してゆでこぼす行程がありますが、圧力鍋を使うときは省いてもいいようです。
その場合は水も加圧時間も長くなります。
豆のアクにはポリフェノールが含まれているので、栄養面を重視するのであればアク抜きはしないほうがいいそうです。ただ、風味や舌触りなどが若干悪くなるので、お好みで使い分けることをおすすめします。煮豆は多めに作り、小分けにして冷凍保存するといいですよ。


◎アレンジいろいろ!花豆の甘煮を使ったレシピ

紫花豆とくるみの抹茶マフィン紫花豆のスイーツ
「紫花豆とくるみの抹茶マフィン」
花豆の甘煮をマフィンにトッピングすれば、お手軽スイーツが完成。花豆の風味が引き立つ、和のマフィンに。


ページトップへ